faq_bar

Q売電できない場合は?
①故障したとき ②日光がないとき ③電圧抑制が生じたとき の場合は売電が出来ません。③電圧抑制とはご自宅周辺の電力需給バランスが崩れることで、太陽光発電設備に電力が逆流し流れ込んでくることがあり、それを防ぐためにパワーコンディショナが自動で発電を停止します。

Q電圧抑制が生じたときは?
電圧抑制でのパワーコンディショナの自動制御により発電が停止した場合は速やかに販売店へのご連絡をお願いします。ご自宅周辺の電圧を調整できるのは電力会社のみとなりますので、弊社では電力会社との協議・相談を設置前に行っています。

Q故障した場合は?
速やかに販売店へご連絡ください。原因や故障内容によって対処法がことなりますが、メーカーによっては10年保証の適用ができますのでご相談ください。

Q設置後にかかる費用は?
設置後にかかる費用は特にありませんが、周辺機器の寿命がおよそ10年~15年ですので、交換が必要になります。主な交換機器はパワーコンディショナ(10~15万円)、接続箱(3万円前後)となります。

Q雨の日の発電量は?
雨の日は日照量が少なくなりますので、発電量が低下します。
雨の日の発電量は晴れの日の10分の1から3分の1だといわれています。

Q屋根に負担はかからないの?
太陽光発電の重さは陶器瓦の4分の1~3分の1程度の重さです。多少の負担はかかりますが、さほど大きな影響はないといえます。

Q積雪による発電量の影響は?
積雪によってパネルが雪に覆われた場合は発電量が低下します。積雪地帯にて約50日間の積雪があった場合で、年間約11%の発電量低下が試算されています。冬季の発電量はもともとあまり多くありませんが、発電量に影響はでます。

Q設置できない場合ってどんなとき?
①屋根の状態が悪いとき ②設置できない屋根材のときは設置できません。また、③北向きの屋根の場合 や④影が多い屋根 に関してもおすすめはできません。詳細はお問い合わせください。

Q地震で故障しないの?
建物がしっかりしていることが大前提ですが、施工基準を遵守された上で設置した太陽光発電であれば強度に問題はありません。屋根に固定されている分揺れに強いという意見もあるほどです。

Qどのくらい発電するの?
一般的な4kWシステムの場合、年間で約4,400kWhの発電量が予測されます。

Q余った電気でどれぐらい収入があるの?
一般的な4kWシステムの場合で、50%自家消費・50%を売電すると仮定すれば、売電収入が年間約9万円、光熱費削減が約7万円程度となりますので合計約16万円のメリット額になります。詳しくはお問い合わせください。

Q交換が必要な機器は?
主な交換機器はパワーコンディショナと接続箱と呼ばれる機器です。これらの機器は10~15年で交換が必要であるといわれており、パワーコンディショナ(約10~15万円)・接続箱(約3万円)となっています。

Q欠陥工事が多いって聞いたけど?
太陽光発電の工事不良は社会問題にもなっています。太陽光発電の工事資格は用意に取得できるために、きちんとした技術や知識がない業者も多く存在します。太陽光発電は工事がイノチですので、慎重に業者選びをしましょう。

Q電気っていくらで売れるの?
平成26年4月現在では37円(税込)で電力会社が買い取ってくれます。一般的な4kWシステムの場合は年間4,400kWhの発電をしますので、単純に全量売電した場合は約18万円の売電収入が見込めます。

Q何故太陽光が注目されているの?
環境に優しいだけでなく、優れた経済性を持つためです。昨今の電力不足や、環境保護の観点から国が普及を促進しています。そのために非常に優遇された制度となっているのです。普及促進に伴って優遇制度もなくなっていきますので、お早めの導入をおすすめします。

Qテレビアンテナは大丈夫?
アンテナが設備よりも南側に位置する場合は、パネル上に影が出来ることとなり、発電量低下につながります。その場合は影がかからない外壁などに移設するなどをおすすめしています。

Q設置後の操作は?
設置後の操作などは必要ありません。太陽光発電は全自動運転ですので、勝手に発電してくれる優れものです。ですが、アフターメンテナンスなどを怠ると不具合が生じる可能性があります。

Q理想的な屋根の勾配は?
約30度といわれています。ですが、地域や周辺環境によって状況が異なりますので、詳細を知りたい方はお問い合わせください。

Q季節によって発電量は変わる?
もちろん変化します。原則的に日射量が多い夏が最も多く発電します。ですが、太陽光パネルは熱に弱いという性質がありますので、真夏よりも5,6月の発電量が最も多くなります。

お問い合わせはこちらへ
  • zd鉻T[rX GR߂
  • zd
  • c

ページのトップへ戻る